2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/04/16(日) 01:31:36.75 ID:
     アイドルグループ「AKB48」の小嶋陽菜さんが15日、渋谷ヒカリエ(東京都渋谷区)で開催された女性ファッション誌「sweet」(宝島社)のファッションイベント「sweet collection 2017」に登場。イベント後の会見で、6月の「AKB48選抜総選挙」について聞かれると、「分からないです、情報がなくて」としつつ、同期の峯岸みなみさんを応援すると明言。「『AKBっていうのはがむしゃらに頑張ること、ということを、1期生で自分が体現したい』と言っているのを聞いて、すごいことだなと思った」と理由を明かした。また、「HKT48」の指原莉乃さんの3連覇についても「あると思います」と語った。

     今回のイベントのテーマは「50s」で、会場には同誌の読者650組、1300人が招待され、1950年代のパーティガール風のファッションやメイクを楽しむ女性らが集結。また、今回は同誌初となる専属モデルオーディションのグランプリも発表され、応募者約1万人の中から大分県出身の22歳の大学生、姫野佐和子さんがグランプリに輝いた。

     イベントには、スペシャルゲストとして「乃木坂46」の齋藤飛鳥さん、モデルのマギーさんも登場。お笑い芸人の横澤夏子さんがMCを務めた。

    2017年04月15日
    http://mantan-web.jp/2017/04/15/20170415dog00m200031000c.html
    5:2017/04/16(日) 01:37:31.94 ID:
    まだやめてなかったの?
    6:2017/04/16(日) 01:38:47.73 ID:
    懐かしい名前だな
    またいたのか
    11:2017/04/16(日) 02:14:22.37 ID:
    1人一票で一位になった山本彩が1番人気なんだよ。
    もう証明されたじゃん。

    で、これ以上あれやる必要あんの?
    【【AKB48】小嶋陽菜:AKB48総選挙は峯岸を応援 指原3連覇は「あると思う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/04/14(金) 11:51:52.33 ID:
    サンケイスポーツ 4/14(金) 11:44配信

     元モーニング娘。のタレント、市井紗耶香(33)が14日、ブログを更新。第4子となる女児を
    出産したことを明かした。「この度、無事元気な女の子を出産いたしました。6人家族となり益々
    にぎやかな我が家となりましたが愛おしい子供たちの成長と家族の幸せをこれからも主人と
    協力しあいながら1日1日をたいせつに育んでいきたいと思います。妊娠報告から今日まで、
    あたたかく見守り支えてくださった皆様ありがとうございました。どうぞこれからもよろしく
    お願い致します」と喜びをつづった。

     市井は2004年、ギタリストの吉澤直樹(41)と結婚して2女をもうけ、11年に離婚。
    12年に一般男性と再婚し、13年に第3子となる男児を出産した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000526-sanspo-ent
    2:2017/04/14(金) 11:52:24.01 ID:
    4人てすごいな
    5:2017/04/14(金) 11:53:18.19 ID:
    確かに繁殖能力が高そうな顔だな。
    7:2017/04/14(金) 11:53:35.58 ID:
    子供を見せびらかす無上の喜びを感じる母親の一人
    【市井紗耶香、第4子女児出産を報告 「6人家族となり益々にぎやかな我が家となりました」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/04/12(水) 11:00:56.14 ID:
    富士見市制施行45周年記念事業の一環で、「ももいろクローバーZ駅」となったふじみ野駅東口で記念撮影に応じる有安杏果さん=4月5日、ふじみ野駅




     埼玉県富士見市が市制施行45周年記念事業の一環として8、9両日、同市第2運動公園で開催したアイドルグループ「ももいろクローバーZ」のコンサートで、都内まで届くほどの騒音に市内外から87件の苦情が寄せられていたことが11日、同市への取材で分かった。同市は「迷惑を掛けた方々には申し訳ないが、良い面があったのも確かだ」としている。

     同市によると、「音がうるさい」などの電話が8日に9件、9日に59件、10日に4件あり、メールは3日間で15件受信。特にコンサート終了予定の午後8時前に「いつまでやっているんだ」などの苦情や問い合わせが多かったという。

     約20キロ離れた東京都の西東京市や東久留米市からも電話があり、同市自治振興部は「どこまで音が広がるかという所に配慮が足りず申し訳ないことをした」としたが、市報や近隣住民へのポスティングなどでコンサート開催を知らせていたため、市内からの苦情は少なかったとしている。

     コンサートは2日間で約4万人を動員。担当者は「売り上げが伸びた駅周辺飲食店などからのうれしい悲鳴もあり、地域振興の点で成果もあった」としている。

     同市内に住む高齢男性は「大きな音でびっくりしたし、父の体が悪いので少し迷惑に感じた」と話していた。

    http://www.sankei.com/affairs/news/170412/afr1704120010-n1.html
    2:2017/04/12(水) 11:01:52.95 ID:
    これは苦情入れるわ


    引用元:
    • http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491962456

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/04/11(火) 20:03:37.39 ID:
     写真週刊誌「FLASH」で、30代後半のイケメン料理人との“道ならぬ恋”を報じられた歌手の加藤ミリヤが11日、東京スカイツリーでニューアルバム「Utopia」(12日発売)の発売記念イベントを行い、所属事務所を通じて発表した文書で、男性と破局したことを明らかにした。
     加藤は「この度は、一部週刊誌による私事の報道でご心配をおかけしています。今回の一連の報道に関係して、私自身も今まで知らなかった情報を知る事となり、真剣に向き合っていたからこそ、報道のあった男性とは既に別々の道を歩んでおります」と、料理人と別れたことを説明。
     「歌手として、1人の女性としてこれからも一生懸命頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします」と、前向きにつづっている。

    写真


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/11/0010086831.shtml
    2:2017/04/11(火) 20:04:46.38 ID:
    すっぴん化け物だろ
    5:2017/04/11(火) 20:08:53.99 ID:
    あの和の鉄人だった人か
    6:2017/04/11(火) 20:15:19.44 ID:
    加藤ミリヤの脚だけは認めざるをえない
    【加藤ミリヤ イケメン料理人との破局明かす「別々の道を」…“道ならぬ恋”報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/04/09(日) 12:32:07.39 ID:
    世間の予想以上に生き残っている? タレントの加藤紗里(26)が事あるごとに報道され、SNS上では“炎上売名行為撲滅委員”を自称し、
    定期的にテレビや芸能記事に顔を出している。なぜなかなか消えないのか。

    ■”炎上売名行為”撲滅委員を宣言?

    昨年、お笑いタレント・狩野英孝(35)との6股騒動で、その容姿と自由奔放な発言が話題になった加藤。
    騒動当初は芸能記者に追いかけ回され、一躍有名になった。


    そんな狩野の騒動が静まり、加藤も忘れ去られる……かと思いきや、収束こそすれど勢いは止まらず。
    新恋人の存在をキャッチされ、炎上することを逆手にとって開き直り、今なお注目を集め続けている。

    3月30日にもTwitterで、「最近また不倫・暴露とか、売名行為する方が増えてるよね。紗里、炎上売名行為撲滅委員だからキチンと取り締まらなければ。
    売名行為はダメ絶対!地球の平和を守らねば」と発言し、「お前が言うな!」「やっぱり売名なのね」「黙ってたほうがいいよ」とネット民の感情を逆なでしている。

    「火ダネがあれば積極的に近づき、問題発言を連発する。上西小百合衆院議員(33)と同じで、もはや当たり屋に近い」(報道関係者)

    所属事務所の公式サイトでは、加藤は所属タレントたちの中で一番目立つように掲載されている。
    そしてテレビ番組や雑誌への露出が多く、事実上、結果を出している格好だ。

    「加藤は、芸能界の上位に君臨して発言力のある坂上忍(49)や松本人志(53)とは真逆のタイプ。
    いつ芸能界から消えてもいいというヤケクソ根性から来るおバカな問題発言と一定の知名度、
    それにジャニーズやバーニング系列のような規制が少ないというのもマスコミには取りあげやすいのでしょう」(前出・報道関係者)

    しかし、ものにも限度がある。なぜ事務所は加藤の奔放な言動を取り締まらないのか。

    「規模がまだ小さい事務所の中で、加藤の知名度は貴重。加藤をきっかけにメディア関係者とコネクションが広がるのは大きい。
    いわば切り込み隊長のようなもの。爆死しても突破口を開いてくれれば万々歳でしょう。
    つまりあの炎上商法は止めさせないほうがメリットが多い」(芸能関係者)

    炎上タレントの模範のような生き様を見せる加藤。このまま2017年も生き残っていくのか。
    それともどこかで再起不能になるほどの大火傷をしてしまうのか。その動向に注目だ。

    1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。
    週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12911388/
    2017年4月9日 10時5分 デイリーニュースオンライン
    2:2017/04/09(日) 12:32:59.23 ID:
    消えてないの?
    【ただの炎上タレントなのに?加藤紗里だけがテレビから消えないワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ